着物の種類について紹介します

男性モノの着物と女性モノの着物が違うということくらいは誰でも知っているでしょうが、女性モノの着物と一口でいっても様々な種類があるということが出来ます。最も知名度が高いのが振袖で未婚の女性がフォーマルな場所で着る和装ということが出来ます。それなら既婚女性はというと黒留袖が真っ先に思い浮かびますが色留袖というフォーマルな和装も存在します。

さらに訪問着、着け下げ、色無地などもフォーマルな服装に含まれます。一昔前は日本人は日常的に着物を着ていましたが、現在日常的に着ている人はほとんどいません。なので着物イコール礼服のイメージが強いと思いますし、あとはお祭りなどの際に着る浴衣が最も一般的かもしれません。

また着物の着る際に帯や下駄、足袋、小物類も必用となってしますし、帯にも格や様々な模様や柄があり、実は着物と合わせるのにはコツをしらない人にはかなりのセンスが要求されますし、トータルでコーディネイトするのは洋服よりも難しいと言えるのかもしれません。

あと問題となってくるのが着付けが出来るかどうかで、慣れない人は1人では着ることが出来ないのでどうしても着物は敷居が高くなってしまうのかもしれません。ですが日本人の文化として出来る限り日常の中で残していって欲しいと願います。