着物って持っていないいけないの?

時代の変化でしょうか?着物を着る機会は少なくなりました。
子供頃には七五三、成人式に大学の卒業式などでこの時とばかりに皆さん貸衣装で綺麗に着飾ります。
しかし、標準体型の人ならば貸衣装でもサイズはぴったり行きますが、細身の背の高い私は、貸衣装では雪も足らず、おはしょりも取れないちんちくりんになるのです。
結婚するときに持って行くように、独身時代から何枚かの着物を用意して持って行きましたが、田舎の地区に嫁いだ私は自分で着なければなりません。
嫁ぐ前には着付け教室にも通って、何かあったら着物が着れるように準備したのです。
しかし、嫁ぎ先で来た着物は残念なことに喪服ばかりです。正月に着物でもと思っても、お嬢様ですかというような視線に断念して友人の結婚式に付け下げを着ただけの何とももったいない持ち物になってしまいました。
現在も手つかずの仕付け糸がついたままの着物たちは和ダンスの中で眠っています。
何とか使用したいと思うのですが、さてさて若い頃より着物が似合う体型になってきたので、そろそろ着物も出番と思って引き出してみました。
柄行が年代を感じさせてしまうのです。また、色も若い頃ならばいいのに、今になってはちょっと着れないものだと断念してしまいました。
貸衣装のサイズも合わずに着物を着る機会も少なくなって、手持ちの着物たちはかわいそうだなあ~と思っています。
持ち主に一度も手を通してもらえずに、眠ったままの着物を洋服に仕立て直して着るチャンスをうかがうこの頃です。