暑い夏は、浴衣で「涼」を

着物を着ると喜ばれますよね。花火大会に浴衣を着れば、彼氏や旦那さんに「いいねえ!似合うね!」と必ず褒めてもらえるのではないでしょうか。だって日本人ですもの!体形カバーもできる日本の着物が似合わない訳がありません。ここ数年、夏は異常な暑さで身体に堪えてしまいますが、だからこそ夏らしい浴衣を着て、暑さに負けない風流な雰囲気で気分を盛り上げたいですよね。着付けするまではだるいと思っていても、帯を締めると背筋がピンとのび、気持ちまでシャキッとして気持ちを切り替えられるが着物のいい所です。10年間習っていたお茶を辞めてから着物を着る機会はすっかり無くなってしまいましたが、花火大会やお盆に家族で食事に行く時には浴衣を着るようにしています。

浴衣を着ると「汗は掻くもの」という意識になるので、意外と暑さは気になりません。ただ見た目の涼しさは意識したいと思っています。今は色とりどり、様々な浴衣が出回っていますよね。浴衣としては素敵でも、あまりに暑い日に着る浴衣は、見ている人が「涼しそう」と感じることが「美しさ」に繋がるのではないかと思います。濃いエンジ色などよりは白地にブルー系の柄の浴衣に帯もブルー系でまとめたり、藍色の浴衣に白い帯など工夫して、すっきりと「涼」を演出されてみてはいかがでしょうか。

着ない着物を買取ってもらいました

ずっと迷っていたのです。実家には母の古い着物がいっぱいあるのです。でも母がいない今、もう誰も袖を通す事もないのです。だから思い切って処分をしようと思っていたのです。
私も着物を着る時はありますが、かなりデザインも古いし汚れているものもあるのです。だから私も着ないし、誰も着る事もないと思ったのです。
そんな時、ポストにチラシが入っていたのです。着物買取のチラシだったのです。中には古くても買取できると書いてあったのです。その時母の着物の事を考えました。でもかなり古いです。母が若い時に着ていたものだから、もう三十年以上経っているのでしょう。
とりあえず持って行く事にしたのです。ダメもとで持って行きました。そして査定をしてもらったのです。するとなんと全部買取ってくれる事になったのです。全部でなんと二十四点ありました。総額で三万二千円になったのです。
私はとても驚きました。かなり古くてデザインだって、今ではもう見ないようなものばかりなのです。でもそれが売れたのです。私のちょっとしたお小遣いになったのです。
本当は母の形見としてとっておこうと思ったのです。でも場所もとるしとっておいても、見る事もないと思ったのです。嬉しい再利用になりました。

着物って持っていないいけないの?

時代の変化でしょうか?着物を着る機会は少なくなりました。
子供頃には七五三、成人式に大学の卒業式などでこの時とばかりに皆さん貸衣装で綺麗に着飾ります。
しかし、標準体型の人ならば貸衣装でもサイズはぴったり行きますが、細身の背の高い私は、貸衣装では雪も足らず、おはしょりも取れないちんちくりんになるのです。
結婚するときに持って行くように、独身時代から何枚かの着物を用意して持って行きましたが、田舎の地区に嫁いだ私は自分で着なければなりません。
嫁ぐ前には着付け教室にも通って、何かあったら着物が着れるように準備したのです。
しかし、嫁ぎ先で来た着物は残念なことに喪服ばかりです。正月に着物でもと思っても、お嬢様ですかというような視線に断念して友人の結婚式に付け下げを着ただけの何とももったいない持ち物になってしまいました。
現在も手つかずの仕付け糸がついたままの着物たちは和ダンスの中で眠っています。
何とか使用したいと思うのですが、さてさて若い頃より着物が似合う体型になってきたので、そろそろ着物も出番と思って引き出してみました。
柄行が年代を感じさせてしまうのです。また、色も若い頃ならばいいのに、今になってはちょっと着れないものだと断念してしまいました。
貸衣装のサイズも合わずに着物を着る機会も少なくなって、手持ちの着物たちはかわいそうだなあ~と思っています。
持ち主に一度も手を通してもらえずに、眠ったままの着物を洋服に仕立て直して着るチャンスをうかがうこの頃です。

私の着物遍歴

着物は日本文化の一つだというのに、日本人の私は着物から全く遠ざかっているのが勿体無く思います。
昔はこんな私でも着物を着たこともありました。
高校の茶道部で、文化祭のときのお茶会で浴衣を着ました。1年生のときは浴衣を着るのが初めてで、母に着付けを教えてもらいました。自分で着れるようになるまで、家で練習しました。自分で浴衣が着れるようになると、ちょっと自信がつきました。自分で着れない子よりも上のような感じがして、少し誇らしい気持ちがしました。
着付けを知っているってお母さんはすごいなあ、と感心しました。母はお嫁に来る前に、着付け教室に通っていたそうです。そして、お嫁に来るときに着物を何枚か拵えて持ってきたのです。そんな母ですから、私の授業参観には着物で来てくれました。母が参観日前日に着物を着るのに必要な道具をたんすから出して、用意しているのを見ると、わくわくしました。着物だときれいで目立つので、小さいころは嬉しかったです。
私が着物を着たのはまだあります。成人式と大学の卒業式に、母の振袖を借りました。母の着物なので、ちょっと柄が昔な感じで、それがかえって他の人とは違う雰囲気を出していてよかったと思います。振袖もちゃんと保管していた母に感謝です。振袖を着るときは、着付けを頼みました。さすがの母も振袖の着付けは難しかったらしいです。
私はあんまり着物の思い出はないですが、それでも、いい思い出ばかりです。これからまた着物を着るような機会はないような気がします。こうやって日本から普段の生活から着物が消えていくのかもしれないですね。

日本人から着物が消えたのは手入れの手間が原因

日本の伝統的な衣装である着物は、今では日本人でも着ることが少ない衣装となりました。
成人式とか卒業式、または京都などの観光で、あとは伝統芸能に関係する仕事をしている人ぐらいしか着る機会はないでしょうし、一般人ならそれこそ着たことが無いという日本人も多いかと思います。
かつては日本人全員が着ていた着物ですが、ここまで日本人の日常から消えてしまった理由の一つとして、手入れの面倒さというのがあります。

着物というのは、衣類としてはかなり手入れが面倒な部類です。
まず、そのパーツの多さですが、半襟に長襦袢、着物に帯などなど、いくつものパーツに分かれていて、それぞれ手入れの方法が違います。
さらに材質的にも、綿や化繊だけではなく絹なんかも使われていますから、同じパーツでも材質に合わせて洗い方を変えたりしなくてはなりません。
とてもではないですが現代の日本の一般家庭で処理しきれるようなものではありませんし、一回着るたびにクリーニングに出すのだって値段的にも馬鹿になりません。
保管する際も風通しの良いところで、カビなどに気を付けてたまには虫干しなんかもしなくてはいけませんし、保管するだけでも一苦労です。

逆に言えば、こういった手間の面倒さを解決する素材などが登場して着物に利用されれば、日本人が再び着物を普段着とする時代がやってくるのかもしれません。

冬に着る着物は腕が寒い

着物を着る機会と言えば、私には初詣の時くらいしかないのですが、防寒対策をしていても腕だけは寒いなといつも思います。どうしても着物は腕が出やすいので、なるべくだらんと腕を下げたり上げすぎたりしないようにはしています。だらんと下げると見た目も悪くなるので気をつけています。ですが、軽くとは言っても曲げ続けるのはやはり疲れます。疲れを抜く為に腕を下げると手首が寒い。結局寒いのですぐ元に戻してしまいます。参拝の動作も同じく寒いのですが、適当にする訳にもいかないので少し我慢です。
普段、着物を着るには目立ってしまうけど、初詣なら着ている人もちらほらいるのでハードルは高くないし、折角日本人として生まれたならお正月くらいは着物を着たいなと思い、腕が寒くても動きづらくても気持ち的に引き締まるので毎年なんだかんだ着ています。
初詣の時に着物って可愛いけど歩きづらそうと通りすがりの方に言われたのですが、確かに小股でしか歩けないけど困るのはそこではないのです。厳密に言ったら腕だけではなく足元も結構寒いのでトイレが無駄に近くなります。トイレがまた慣れていないから大変で出来ればなるべく行きたくないです。でも、寒さは我慢してもトイレを我慢するのは無理なので渋々です。苦労することもあるけど、でもやはり来年も着たいなと思います。

着物の種類について紹介します

男性モノの着物と女性モノの着物が違うということくらいは誰でも知っているでしょうが、女性モノの着物と一口でいっても様々な種類があるということが出来ます。最も知名度が高いのが振袖で未婚の女性がフォーマルな場所で着る和装ということが出来ます。それなら既婚女性はというと黒留袖が真っ先に思い浮かびますが色留袖というフォーマルな和装も存在します。

さらに訪問着、着け下げ、色無地などもフォーマルな服装に含まれます。一昔前は日本人は日常的に着物を着ていましたが、現在日常的に着ている人はほとんどいません。なので着物イコール礼服のイメージが強いと思いますし、あとはお祭りなどの際に着る浴衣が最も一般的かもしれません。

また着物の着る際に帯や下駄、足袋、小物類も必用となってしますし、帯にも格や様々な模様や柄があり、実は着物と合わせるのにはコツをしらない人にはかなりのセンスが要求されますし、トータルでコーディネイトするのは洋服よりも難しいと言えるのかもしれません。

あと問題となってくるのが着付けが出来るかどうかで、慣れない人は1人では着ることが出来ないのでどうしても着物は敷居が高くなってしまうのかもしれません。ですが日本人の文化として出来る限り日常の中で残していって欲しいと願います。